株式会社ポルダーライフ。お客様と同じ目線と歩幅で歩み続ける企業でありたい。地球環境と地域の皆様と共に成長する企業でありたい。

TEL 018-838-4233

営業時間 9:00〜18:00

冷凍機「凍眠」とは?

解凍後、生とほとんど同じ状態をキープできる液体凍結機です。

リキッドフリーザー凍眠

凍らせるのではなく眠らせる

LIQUID FREEZER(液体凍結システム)が実現する冷凍。
それはまるでタイムワープのような奇跡の凍結。
近年情報化の発展と共に消費者はあらゆるものに対して、より安価でより高品質なものを求めるようになりました。安かろう、悪かろうでは納得してもらえない時代の到来です。リキッドフリーザー「凍眠」はそんな時代のニーズを満足させる画期的な凍結機です。
生食品と比べても味が全く落ちない冷凍。
それは、これまで冷凍の常識だった冷気にさらす凍結ではなく、冷たい液体の中に製品を入れるという、冷凍方法の常識を覆すリキッドフリーザーという手法の誕生です。

エアブラスト凍結と凍眠リキッド凍結の比較、こんにゃくとあじ

凍結スピードがカギ!
一般冷凍庫と比べて約20倍の凍結スピード!

急速凍結というのは、その名のとおり品物を素早く、短時間で凍結させることをいいますが、なぜ、短時間で凍らせると品質がよくなるのでしょうか?それは、素早くスピードで凍結をかけることで凍結品の中で出来上がる氷の結晶が細かくなるからです。逆に言えば、通常の緩慢冷凍庫では氷の結晶が大きく育ってしまい、細胞を傷つけてしまうのです。ですから冷凍品は、うまみ成分であるドリップが抜け出て、その上組織を破壊しているので、食感に変化がでてしまい、おいしくない。という評価になってしまうのです。 その点、液体急速凍結機である凍眠で出来る氷結晶は5ミクロン程となり、非常に微細なので、解凍後も細胞破壊をさせずに、おいしく食べることが出来るのです。

エアブラスト凍結と凍眠リキッド凍結の比較、鶏肉と牛肉

通常冷凍に比べ、ドリップ0

ドリップとは、冷凍肉や魚を解凍したときに出る赤い液体です。たんぱく質、アミノ酸塩類、ビタミンなどの栄養分やうまみのもとで、これらが失われると食品の味や品質が劣化します。
凍眠ならば、魚や肉の細胞内水分をほぼ原形のまま凍結!細胞が壊されない為、解凍時にドリップがほとんど発生しません。だから、鮮度、味、見栄え、歩留まり全てにおいて驚きの鮮度を実現!
凍眠の最大のポイントは、解凍方法を選ばず、常温・低温・加熱・流水など、解凍方法はなんでもOK!特別な解凍庫は必要ありません。

当社は秋田で唯一の「凍眠」正規取扱い代理店です。

リキッドフリーザー凍眠ミニ

当社ではデモ機の導入を予定しております。

見るだけ、聞くだけでは中々製品の良さは実感が湧かないもの
当社では凍眠ミニを実際にお客様にお使い頂くことで、製品の良さお伝えできればと考えております。

せっかく仕入れた新鮮な食材も余って廃棄することもしばしば。 凍眠凍結させておけば長期保管が可能となりますので廃棄量が減り、仕入れ量も安定します。 繁忙期に備えて仕込み凍眠凍結しておくことで提供時間の短縮、人件費削減にもつながります。 企業様のそんなお悩みにお答えできたらと当社は考えております。

「夢はスイーツを通じた世界平和」そう語るパティシエ辻口博啓。
「冷凍食品で世界に貢献したい」そう願うテクニカンの山田義夫。

この二人の想いをあなたにティーカンパニー誕生

今から4、5年前、牛乳や乳製品が冷凍できればと考えていた辻口は、素晴らしい冷凍が出来る機械があると知人から「業務用凍結機リキッドフリーザー凍眠」の話を聞きました。興味を持った辻口はテクニカンに出向き、凍結テストを行ったところ、解凍後の食味や食感がほとんど変わらない事、分離の少なさに大変驚きました。 この技術があれば厨房が抱える多くの問題を解決できる、この凍結機を広めたい、そんな思いが生まれました。 近年よく耳にする「食品ロス」問題。全世界の食品の3分の1が捨てられているのに、食糧難で苦しんでいる地域があることを山田はとても残念に思っていました。辻口にその話をしたところ、食品ロスは飲食店の悩みでもあり、厨房から食品ロス対策の一歩を踏み出せるという考えが合致したのです。 美しく繊細なスウィーツを得意とする辻口がデザインを監修し、難しいとされた凍結機の小型化をテクニカンの山田が担当、2年の月日を経て「凍眠ミニ(TM-01)」が完成しました。

凍眠ミニは省スペースで設置出来る

凍眠ミニはコンパクトで設置も簡単です

凍眠ミニのメリットは生と同等の鮮度感をキープできることです。

現状の悩み

旬の水産物を提供したいが漁獲量も相場も不安定、アニサキスもあり管理が大変 和牛も相場は値上がり傾向、仕入れるタイミングには慎重にならざるを得ない

凍眠ミニを導入

凍眠凍結しておけば食材の時間を止めて旬の美味しさそのままキープ!保管は冷凍庫に入れておくだけ!従来の冷凍のように食味の劣化もなく寄生虫対策にもなります。 相場の安い時期に仕入れ、必要な時に必要な分だけ提供可能です。

是非この機会に、凍眠のテクノロジーを感じて頂き、貴社への導入を検討して下されば幸いに思います。
更なる詳細や、納期、お値段などお気軽にお問い合わせください。

ページのトップへ戻る